卒業証書授与式

3月16日(土)に卒業証書授与式が行われました。

おごそかの中にも温かみのある、心のこもった式となりました。

在校生、保護者のみなさま、地域のみなさまに見守られて、10人の卒業生がはばたきました。

中学校でも元気にがんばってくださいね。

 

保護者のみなさま、地域のみなさまには学校や学年の様々な教育活動にお力添えをいただきました。おかげさまで、本年度も、充実した教育活動を進めることができました。この一年間のご支援、ご協力に感謝いたします。

ありがとうございました。

 

6年生を送る会

3月5日には、「6年生を送る会」が行われました。

各学年からは、歌あり、呼びかけあり、太鼓ありと工夫を凝らした発表がされ、6年生への感謝の気持ちや、応援する気持ちが伝えられました。

6年生一人一人の名前が呼ばれ、それぞれの良さやがんばりが次から次へと様々な形で贈られ、6年生は少し照れながらもとてもうれしそうでした。

引き継いだばかりの児童会初の仕事として、はりきる5年生の姿は、まさに輝いていました。

最後に6年生からは、『生きる』の詩の朗読と、『絆』の二部合唱のプレゼントがありました。美しい歌声はまさに

「6年生は、ぼくたちの目標です」

の言葉そのものでした。

いつまでも、6年生の姿とともに心の中に残っています。

卒業まで、あと7日。

一日を大切に過ごしたいです。

新年度児童会スタート

新児童会が開始しました。

6年生から5年生へバトンが渡されて、引継ぎをし、スタートしました。

「〇〇〇さん、おはようございます」

「ハイタッチしよう」

新しく、代表委員会になった子たちが、はりきってあいさつ運動に取り組みます。

「ただあいさつするだけでなく、名前を呼んで、ハイタッチすることになった。」と言いながら、うれしそうに活動していました。

本校は、3年生から児童会に参加するため、新児童会には2年生が参加することになります。あたりまえのようにはりきっている姿が、微笑ましいです。

6年生もサポート役として残ります。頼もしいです。

初心忘れずで、がんばっていってくれることでしょう。

冬の遊び教室

2月8日(金)は、国立信州高遠青少年自然の家で1,2年生の冬の遊び教室が行われました。

午前中はそりコースが凍っていたため、室内の工作教室「すべラップ」作りに挑戦しました。

午後はコースを整備していただいたため、そり遊びを思い切り楽しむことができました。

スリルのあるコースを、子どもたちは歓声をあげながら、風を切って滑っていました。

2年生が中心になって班をまとめ、お兄さん、お姉さんの顔で過ごす姿が微笑ましかったです。

第2回 北小子どもを守る会

2月6日、第2回北小子どもを守る会が開催されました。

たくさんの地域の方や、保護者の方が、ご参加くださり、日々の子どもたちの様子や地域での出来事を教えていただきました。また、子どもたちが安全に生活できるように、熱心に話し合っていただきました。

地域での行事や集まりがあった時など、あいさつがしっかりできていること、ぬいだ靴がきちんと揃えられていることに感心しているというお話が何人かの方から出されました。学校でも大事にしている、あいさつや靴をそろえることなどの整理整頓が、地域でもしっかりとできていることがとてもうれしいです。

こんなにもたくさんの方に見守られている、北小の子どもたちは本当に幸せです。

百人一首大会

18日に予定されていた百人一首大会が延期となっていました。

インフルエンザなどで欠席していた子も元気になり、全校がそろいました。

そこで、23日5・6年の部、28日3・4年の部、29日1・2年の部が行われ、白熱した戦いが繰り広げられました。

子どもたちは、授業や休み時間、お家でも練習した成果が十分出しきろうと、必死の様子が見られました。

得意札をとってガッツポーズをする子、なかなかとることができ、ずくやし涙を流す子と、悲喜こもごも、様々でした。

百人一首を作った歌人たちは、何年もたった現代で、

子どもたちがこんなにも夢中にかるたに興じているとは思ってもいなかったことでしょうね。

2年生の詩より

☆百人一首 ちはやぶる このふだだけは ぜったいにとる

☆パンッ うれしいな ぼくはとったよ 大江山

性に関する指導講演会

   1~2月は健康教育月間として、歯科保健(保健委員会が中心となって)・食育・性に関する指導・心の健康など、様々な健康について考え、扱う期間としています。

1月22日には、高遠小学校と合同で、5・6年生を対象に「性に関する指導講演会」を行いました。

講師には、昭和大学の上田邦江先生(保健医療学部看護学科・助産師)をお招きし、5年生は「生命と性のお話、命の重さ」について、6年生は「男女の相互理解と協力、性情報・広告分析」についてそれぞれお話をお聞きしました。

高遠地区では小学校5年生~中学校3年生まで継続して上田先生から性教育の学習を受けます。

性教育は「いのちの教育」です。子どものペースに合わせながら大切に進めていきたいと思います。

開校40周年記念写真完成

開校40周年を記念して、PTAの方に撮影していただいた写真パネルが完成しました。

1学期の終わりに全校で、運動会の時に保護者の方や地域の方と一緒に、それぞれ撮った2枚の写真です。

開校40周年にふさわしい素敵な写真です。

渡り廊下に掲示しました。

嬉しそうに見つめる姿がありました。

何年か後、大人になった子どもたちが、今を思い出しながらなつかしく眺める日がくるのでしょうか。

3学期 スタート!!

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

1月9日(水)

47日間の3学期がスタートしました。

雪が少し積もっていましたが、登校した子どもたちが、さっそく自主的に雪かきをしてくれました。

始業式では校長先生からこのようなお話がありました。

3学期は、1年のまとめ、そして、来年度への準備をする大事な学期です。

こんな言葉を用意しました。

今〇ら 今〇ら 今〇ら 〇には何が入るでしょう。

一つ目は、今さら です。47日間の3学期です。「47日しかない」と考えると、「もう今さら」という、投げやりであきらめかけた後ろ向きの気持ちになってしまいます。

 二つ目は、今から です。「3学期、まだ47日あるぞ」ととらえれば、「さあ、今から」という希望、期待、来年度につながる新たな目標も見えてくることでしょう。

 では、3つ目はどうでしょう。ここに「な」が入ります。「今なら」です。決意、勇気、行動、踏み出す一歩、意思のある言葉となります。

 「今さら」と諦めるか、「今から」と決断し、「今なら」と行動するか、今日の皆さんの心には、どの「今」がありますか。

 「今」に「心」と書いて「念」という字になります。「一念」と書けば、一途に思う望み、いつまでも心にとどめる思い、という意味になります。どうせ心に思うなら、プラスの言葉を思い浮かべましょう。

 進級、進学も間近です。一人一人が、「今から」「今なら」の気持ちを抱くには、今が一番よい時期だと思います。みんなでがんばっていきましょう。

インフルエンザも流行ってきています。

体調管理にも心がけて、がんばっていきましょう。

 

二学期が終わりました

2学期の終業式が行われました。

校長先生からは次のようなお話がありました。

例年にない猛暑の夏から寒さも厳しくなってきたこの冬の時期までの85日間、長い2学期が今日で終わります。運動会、地域を学ぶ日、伊澤修二記念音楽祭、マラソン大会、みやのはら祭りなど、大きな学校行事もたくさんありましたが、どれをとっても皆さん一人一人が自分の願いや目標に向かって、いっしょうけんめいに取り組み、楽しむこともできて、充実した2学期でした。地域の方々にも大変お世話になりました。また、一日一日、一時間一時間の学習もがんばって、たくさんのことを覚え、考え、できるようになってきました。本当によくがんばりました。

さて、明日から冬休み・年末年始のお休みになります。年の瀬やお正月と、お家や地域などで、行事にかかわったり、楽しんだり、のんびりしたりすると思います。次の四つ、皆さんにお願いします。

①けがや病気に気をつけましょう。

②お手伝いをしましょう。

③年末年始の挨拶をしっかり言いましょう。

④物知りになりましょう。

それでは皆さん、健康、安全に気をつけて過ごし、よい年を迎えてください。「1年の計は元旦にあり」と言われます。今年の目標、夢を決めるのもいいですね。そして、元気な笑顔で1月9日、登校してきてください。