• 冬の遊び教室 1・2年

    2024年2月10日

    1・2年生は2月2日に国立信州高遠青少年自然の家に行って来ました。今年は暖冬で、一度降った雪も溶けてしまい、周りには雪が全くありませんで した。大人は残念に思っていたのですが、子どもたちは普段できない「マイ箸作り」に熱中したり、自分の好きな物を好きなだけ取ってもいいバイキングのお昼ご飯を満喫したり、全身を使ってカーリングボウリングを楽しんだりと、大満足の一日となりました。

     

  • 目標をもって最後まで 百人一首大会

    2024年1月30日

    高遠北小学校では、毎年、連学年で百人一首大会を行っています。12月頃から、あちらこちらの教室で百人一首を読む声が聞こえてきます。低学年は20首ずつ、中学年は5色を混ぜて100首、高学年は色のない本格的な百人一首と、学年に応じてレベルがあがっていきます。中学年ぐらいになると、「自分の札」を決めて、決まり字で取る人も多くなります。取れずにくやしい思いも経験しながら、友達と切磋琢磨し、自分の目標に向けてあきらめずに取り組む姿が見られました。

  • ぐんぐん上達 スキー教室

    2024年1月30日

    3~6年生はスキー教室に行ってきました。 今年は雪が少なく、高遠北小学校でもまだ一度しか雪かきをしていません。しかし、伊那スキーリゾートには直前にも雪が降り、無事スキー教室を行うことができました。火曜日実施ということで、貸切のようなゲレンデで、手厚いインストラクターの指導を受け、ぐんぐん上達しました。

    晴れたり曇ったり雪が降ったり…とめまぐるしく変わる天気でしたが、南アルプスの山並みもいつもとは違う方角から眺めることができました。

    おいしいカレーを昼食にしっかり食べ、時間いっぱいすべりきり、けがなく終えることができよかったです。インストラクターのみなさん、伊那スキーリゾートのみなさん、ありがとうございました。

  • 2学期終業式

    2024年1月5日

    長野県内では一足早い12月22日に2学期の終業式を行いました。

    児童発表では、3年生と6年生が発表しました。3年生は2学期を振り返り、社会科見学の様子や総合的な学習で取り組んできた草木染めや藍染めについて発表しました。栽培した藍で染めた布を見て、「きれい!」「すごい!」と歓声があがりました。6年生は国語で学習した狂言『柿山伏』を低学年にもわかりやすい言葉にして演じました。会場は、仕草やせりふなどに爆笑の渦となりました。

    校長先生の話でも、長い2学期を写真と共に振り返りました。それぞれにがんばったことが胸によみがえってきたのではないかと思います。

    冬休みを安全に楽しく過ごし、3学期を迎えられることを願っています。

  • 情報モラル教育&高遠小交流

    2024年1月5日

    4・5・6年生は、一般社団法人セーフティネット総合研究所の南澤信之先生の講演会を高遠小と合同で聞きました。昨年度に引き続き、インターネットやゲーム等を安全に使用するために大切なことを教えてもらいました。

    ・時間をコントロールできる脳をつくっていくことが大切 「1時間の壁」を守り長時間続けない

    ・読書や顔を見て会話をすることが大切

    ・顔を見てコミュニケーションをしないネットでは、思い込みが大きくなる。対面での会話よりわかりやすく伝えることが大切。人に関わることは、いいことも悪いことも書かない・反応しない。

     

    講演の後は、それぞれの学年に分かれて交流を行いました。4年生は初めての交流でしたが、グループに分かれてゲームをするうちに、どんどん打ち解けていき、笑顔がたくさん見られました。お別れの時にはお互いに名残惜しそうでした。また交流できるといいです。

    【子どもたちの感想より】

    ・初めて会う人もいたけど、みんな元気で明るく遊んでいて、とてもうれしかったです。

    ・みんなで笑ったから、緊張がなくなったよ。「たけのこニョッキッキ」はやったことがあったけど、みんなとやったからいつも以上に楽しかったです。

    ・名前を呼んでくれてとてもうれしかったです。

  • そば打ちに挑戦

    2024年1月5日

    今年度は6月の大雨で土砂が畑に流れ込んだこともあり、そばの栽培は行いませんでしたが、5・6年生で、12月恒例のそば打ちを行いました。地域の方に指導していただき、細くて長い立派なそばができあがりました。やはり、プロに教えていただく経験は貴重です。子どもたちは、お手本をじっと見つめて手順やポイントを確認していました。2・3年生の作った味噌と辛味大根でおいしくいただきました。高遠そばの歴史も教えていただき、高遠そばがより身近になりました。「家でも挑戦してみる」「今年は家で打つのが今までよりうまくできそう」といった声が聞かれました。

  • マラソン大会・焼きいも会

    2023年11月28日

    先週、全校で落ち葉掃きに取り組み、登校坂をきれいにしました。一輪車で落ち葉を運ぶ係の5年生。「走らなくていいよ」と何度も声をかけたのですが、「下級生が待っているから」と坂道を走って何往復もしてくれました。そんな5年生の姿に引っ張られるように、30分以上の作業をだれも文句を言わず、全校で取り組みました。これも伝統の力です。本当にすごいです。

    マラソン大会当日は寒い朝でしたが、「速く走るために軽くしてきた」と薄着の子どもたちもいました。めあての発表では、「あきらめないで最後までがんばりたい」「自分のペースでがんばる」と、自分の目標をしっかりもち、発表する姿がありました。連学年ごとにスタートし、きれいになった学校坂を下って上りました。おうちの方々の応援のおかげもあり、苦しいところでもう一歩がんばる姿がいっぱいでした。

    【児童の感想より】

    ・「自分のペース」を保って最後まで歩かないでできてうれしかったです。校庭の最後の1周もがんばって走れました。最後に息ができなくなるかと思ったけど、歩かずに走り切れてよかったです。

    ・すごくつかれました。自分のペースで走ることができてよかったです。くやしさもあったけど、楽しく走れてよかったです。けっこうタイムが縮められました。来年は最後のマラソンだけど、ペースをくずさずにがんばりたいです。最後まであきらめずに走ることができてよかったです。

     

    がんばった後は、ほっかほかの焼きいもをおいしく食べました。2・3年生が掘ったおいもを、5・6年生が準備してくれた薪と落ち葉で焼いてもらいました。おいもを掘らせてもらったり、薪を分けてもらったり、地域の方にもご協力いただきました。おかげで笑顔がいっぱいの焼きいも会となりました。

    応援・ご協力ありがとうございました。

  • 日産わくわくエコスクール 4年生

    2023年11月28日

    地域のみなさんの協力もいただき、7月・8月に20000個のエコキャップを集めた4年生。「エコカー」になって戻ってくるのを楽しみにしていました。

    エコスクールでは、まず温暖化や海洋プラスチックのことなど、環境について学びました。反応豊かな4年生に、日産のみなさんも「よく知ってるね」と驚いていました。次に、エコキャップで作ったモデルカーを1台ずつ手に取り、手動で充電しました。充電してくるとライトが点灯し、サーキットで走らせることができます。思った以上のスピードに歓声があがり、何度も充電しては走らせていました。

    「自分たちの集めたペットボトルキャップがリサイクルされて戻ってくる」という貴重な経験ができました。自分なりのエコを考えていくきっかけにしてほしいと思います。

     

  • 協力して楽しんだみやのはら祭

    2023年11月28日

    児童会ごとに企画を考えて、縦割り班で楽しむみやのはら祭。今年度も、全校で楽しめる工夫がいっぱいの企画を考えてくれました。

    保健委員会の企画は、班ごとに、隠された給食の食材カードを見つけだし、そのカードを「赤(主に体の組織をつくる)」「緑(主に体の調子を整える)」「黄(主にエネルギーになる)」のグループに分けるゲーム。大豆や寒天など、大人も分類に迷うものがありましたが、「大豆は畑の肉だよ」「寒天は何からできてるの?」と、みんなで相談して答えを出していました。中には「レモンは黄色だよ!」との声も(^-^)思わず納得しそうになりました。

    図書委員会の企画は、本の題名をしりとりでつなげるゲーム。たくさんの題名が書かれた画用紙を、みんなで相談しながらつながるように並び替えます。本の題名をいろいろと知ることもできる素敵な企画でした。

    放送委員会のクイズも盛り上がりました。正解が発表されると飛び上がって喜ぶ姿がありました。

    代表委員会のオリエンテーリングは、それぞれの学年が活躍できる工夫があり、グループのみんなで楽しんでいました。

    児童会目標「助け合い 笑顔があふれる楽しい学校」通り、全校が一つになって創り上げたみやのはら祭りでした。

  • 授業参観&PTA講演会 盛り上がりました

    2023年11月8日

    授業参観では、それぞれの学年が学習してきたことを見ていただきました。

    1年生は音楽の授業でした。打楽器の鳴らし方を試して、自分の気に入った鳴らし方を見つけました。「もっと書きたい!」とやる気いっぱいでプリントに書き込んでいました。

    2年生は『お手紙』の音読劇をしました。気持ちが伝わるようにせりふの言い方や動きを工夫してきたことが伝わってくるすてきな発表でした。

    3年生は、育ててきた藍を使っての藍染めの模様づくりを、おうちの人と相談しながら楽しそうに進めていました。

    4年生は、長野見学のまとめを、一人ずつiPadでまとめ、クイズを入れながら発表しました。

    5年生は、はじめに実験で電磁石の不思議に触れ、後半はコイルを巻いて電磁石づくりにチャレンジしました。

    6年生は、中部連合音楽会で発表したリコーダー4重奏をおうちの方に間近で聞いてもらいました。また、修学旅行について、劇も交えながら楽しく発表しました。

      

    授業参観に引き続いて行われたPTA講演会では、毎年希望の多かった田楽座のみなさんの公演が実現しました。迫力ある太鼓や民舞、そして南京玉すだれの体験など、普段なかなかできない伝統芸能に触れる機会となりました。最後は伊那節保存会の方も来てくださり、全員で伊那節を踊りました。その後の感想交流では下記のような感想が出されました。

    ・たいこがひびいてた。しんぞうまでひびいてた。もっと見たかったー!

    ・なんきん玉すだれは、竹と糸だけでできているのに、いろいろな形ができていたのですごかったです。

    ・とても迫力のある公演を見て元気が出ました。あと、ぼくにはとうていできない物を見せてもらってうれしかったです。

    ・ししまいに足をかんでもらったので、「足が速くなること間違いなし」と思いました。

    ・田楽座の方々がとても楽しそうに笑顔でいるのが印象的でした。こちらも一緒に体を動かしたくなりました。

    田楽座のみなさん、伊那節保存会のみなさん、そしてPTA役員のみなさんありがとうございました。