設立

 設立

 

 昭和34年伊那里・美和両村の合併により長谷村が発足。長谷村誕生と併せ、生徒の減少に伴う教育効果低下軽減のため、伊那里・美和両中学校統合の気運が高まる。

昭和36年2月統合中学校建設を決定。中学校名を長谷中学校とし、4月より形式統合。

生徒365名、職員18名、二部校制より発足する。初代校長に長田尚夫先生が任命された。
昭和37年8月校章決定。新校舎竣工に伴い38年4月5日に実質統合、授業を開始に至る。
平成18年3月31日市町村合併により、「長谷村立長谷中学校」から「伊那市立長谷中学校」となった。