3学期修業式・離別式

3月17日(水)
3学期の修業式・離別式が行われました。
3年生は体育館で、1,2年生はZoomを使って各教室で参加しました。
3学期の修業式では各学年の代表者から所感発表が行われ、この1年間を振り返りと来年度へ向けた抱負が語られました。
校長先生のお話では、生徒の生活帳や地域の方々から学校に届いた声が紹介されました。


その後行われた離別式では今年度をもって転退職される先生方の紹介、代表職員による全校生徒への挨拶が行われました。
転退職される先生方については、学校だよりでご確認ください。

全校学習集会

3月16日(火)
第60期生徒会より新設された学習委員会の企画・運営で全校学習集会が行われました。
インタビュアー役の生徒が3年生の教室を訪問し、学習・勉強に対する疑問、質問に3年生が答えました。その様子を全校生徒はZoomで視聴しました。
受験を終えた3年生から意見や経験、思いが伝えられました。
1,2年生は来年度からの学習に、3年生は高校に進んでからの学習に繋げていきましょう。


3年生より…在校生に感謝する会

3月16日(火)
先週の3年生を送る会を受けて、3年生から在校生に向けて、感謝と熱い想いを伝える会が行われました。
3年生一つひとつのクラスからのメッセージと学年による応援歌が、在校生に贈られました。
中学3年間を終えて、受験勉強を終えて、部活動を終えて、コロナ禍で過ごした1年を終えて・・・3年生の想いが伝わってきました。
明日、3年生は卒業を迎えます。
今年度も在校生は卒業式に参加できませんが、3年生の想い・意思を引き継いで、東部中生は前進を続けます。


3年生を送る会

3月12日(金)
生徒会による3年生を送る会が行われました。各教室でZoomや校内放送で行いました。
1学年は各クラスからのメッセージ、学年合唱を映像で、2学年は映像による各クラスからのメッセージの後、各教室やベランダ、渡り廊下に全員が並び、直接合唱を贈りました。
他に3年生の思い出のスライドショーを観て、3年生各クラスの代表生徒によるくす玉割りで締めくくられました。
全校が体育館に集まって3年生を送り出すことはできませんでしたが、困難な状況にも負けない、東部中生徒の力が凝縮された最高の3年生を送る会となりました。




さくらプロジェクトタイム

3月11日(木)
東日本大震災から10年目のこの日。「さくらプロジェクトタイム」を行いました。
本校では震災の翌年の2012年から「さくらプロジェクト」として、宮城県仙台市の高砂中と交流を行っています(交流については別記事「高東メモリーズ~タカトオコヒガンザクラと私たち~」をご覧ください)。
震災が起こった時間に全校で黙祷をささげ、さくらプロジェクトのこれまでの歩みについて、映像で振り返り、最後にさくらプロジェクトのテーマソングである「高東桜歌」を全校で歌いました。
震災から10年が経ちましたが、被災地の完全な復興にはまだまだ時間がかかり、未だに2500人以上の方の行方が分かっていません。
震災が起こった事実を忘れないため、両校のこれからの未来のため、さくらプロジェクトをこれからも大切に引き継いでいきます。

高東メモリーズ~タカトオコヒガンザクラと私たち~

3月11日(木)
今年度の東部中生徒会、高砂中生徒会によって、さくらプロジェクトの歴史を振り返るパンフレット『高東メモリーズ~タカトオコヒガンザクラと私たち~』が完成しました。
昨日、全校にその報告があり、各クラスに1部ずつ配布されました。
以下に掲載しましたので、みなさんもぜひご覧ください。

高東メモリーズ~タカトオコヒガンザクラと私たち~(完成版)

※信濃毎日新聞、長野日報に関連記事が掲載されました。

令和2年度の生徒会誌「すず竹 第57号」が完成しました

新聞委員会が制作した令和2年度の生徒会誌が完成しました。生徒会活動や部活動の振り返り、クラスの紹介のページなど、読んでいると一年間を思い出して時間を忘れてしまいます。今年度は、新型コロナ感染拡大防止のための休校中の課題「私の記憶 みんなの記録」が載り、「あの時、こんなことを考えていたなぁ」と振り返られるページもあります。

以下は校長先生が「すず竹 第57号」へ寄稿した生徒の皆さんへのメッセージです。
校長室から