第60期生徒会役員選挙 立会演説会・投票

11月24日(火)
本日、第60期生徒会役員選挙立会演説会・投票が行われました。
来年度の生徒会発足に向けた非常に大切な会ということで、今年度初めて全校生徒が体育館に集まりました。
体育館の入場前後の手洗い・消毒を徹底し、体育館の入退場、演説会、投票まで、とても静かに、よい緊張感の中で行うことができました。


2学年の学年内選挙で選ばれた生徒会長候補、男女副会長候補、それぞれの推薦責任者の力強い演説。それを聞く生徒。運営する選挙管理委員会。東部中全校生徒が一体となった素晴らしい立会演説会・投票でした。
この選挙で選ばれた生徒会長、男女副会長の三役が中心となり、来年度の生徒会が組織されます。

お弁当の日の取り組み方が変わりました!

11月18日(水)
例年行われている「お弁当の日」。今年度は例年とは取り組み方が違います。
・実施日11月21日(土)~11月29日(日)の間に、各ご家庭でお弁当やお弁当のおかずを作りましょう。
・自分で作ったお弁当やおかずの写真をスクールタクトで学校に送信してください。
・実施記録のプリントを記入して、担任の先生に提出してください。

本日は2,3年生を対象に栄養士の先生から事前指導していただきました(1年生は家庭科の授業で実施済み)。Zoomを使い、各教室で全校一斉に行いました。
お弁当作りのポイント等、詳細は学校からのプリントをご覧ください。

「信州サーモン」給食でいただきました

11月13日(金)
この日の給食のメニューは信州サーモン香味揚げでした。

「信州サーモン」は、「海のない長野県でもお刺身で観光客をもてなしたい」という県内のホテルや旅館からの希望を叶えるため、長野県水産試験場が約10年かけて品種改良に成功し、生まれました。値段が高く、スーパーなどではあまり売っていない、貴重な食材です。

10月に提供された信州プレミアム牛肉同様、新型コロナウイルスの影響で、困っている生産者の方々を応援するために、学校給食で信州サーモンが無償で提供されることになりました。

この日の給食の時間、信州サーモンが提供された過程と1年7組が総合の学習で作った信州サーモンについてのプレゼン資料を校内テレビで放送していただきました。

この日も給食を通じて「食」や「社会」について考えることができました。

2学年 伊那市キャリアフェス

11月12日(木)
伊那市内の中学2年生が参加する「第3回伊那市キャリアフェス」が行われました。
このキャリアフェスは地域の次世代を担う市内の中学生、そして現在伊那市を支える大人たちが一堂に会し、地域の仕事、文化、歴史を知り、体験し、ふれあう機会を提供する場として3年前から開催されています。
今年度は新型コロナウイルスの影響で、オンラインでの開催となりましたが、生徒たちは各企業の方々の話に耳を傾け、熱心に参加できました。



密を避けるため、ネットワークの集中を防ぐため、複数の教室を使用して実施しました。

2学年 職業体験講座

10月30日(金)
11月 6日(金)の2日間、2時間ずつ総合の時間を使って、2学年では職業体験講座を行いました。
新型コロナウイルスの影響で、例年2学年で行っている職場体験が実施できませんでした。
今年度は事業所の方に学校においでいただき、複数の教室に分かれて体験講座を開いていただきました。
例年行われる職場体験よりも短い時間にはなりましたが、仕事についてのお話を聞いたり、体験したりでき、学校の授業ではできない学習を行うことができました。






明日12日(木)は第3回伊那市キャリアフェスが行われます。今年度はリモートで実施し、生徒は中学校でipadを使って参加します。

3年 1日総合

10月27日(火)1日総合がありました(5組は29日)。

3学年では、学年全体で「地域の先輩から話を聞く会」として、高校生や市の地域おこし協力隊の方の講演を聞きました。また、各クラスで決めたテーマに合わせた学習を行いました。市内施設を利用した野外活動や市内の探索・散策を行ったり、JICA駒ヶ根の見学、学級での動画作成などを行ったりしました。多くのクラスで班ごとに1日の予定を計画し、学習や体験を行いました。