東春近小学校 2分の1成人式

Pocket

ClipsKeynoteで成長を発表しました
東春近小学校4年生は、総合学習の一貫として、10歳を祝う記念イベント「2分の1成人式」でICTを活用した発表を行いました。
今年度はオンラインで行うことも考えて準備していましたが、感染予防対策を徹底した結果、保護者を招いて行うことができました。
オープニングは、動画作成アプリClipsを使ったムービー上映。
理科の単元「秋探し」でClipsを使って動画作成&発表した体験から、子どもたちから「Clipsを使って自分たちを表現したい!」というアイデアが上がりました。
一人ひとりの顔を撮影し、自分が好きなフォントや色を選んで名前を入力し、実行委員が動画編集を担当しました。
Keynoteを使った発表では、テンプレートを使わずイチからシートを作成!

昨年「2分の1成人式」を経験した5年生からKeynoteの使い方を直接教わり、円グラフや棒グラフなど、自分たちの好きな形で表現することができました。
使ううちにいろいろな機能に気づき、子ども同士で「それどうやるの?」「すごい!」「そのデータ、Airdropで送ってちょうだい」などと、盛んに情報共有しながら作業していました。

発表のテーマは、「自分たちの成長に向き合う」こと。
「今の自分たちが好きな教科」についてアンケートを取って集計したり、「入学してからどれくらい身長が伸びたか」を計算して発表したりするなど、
どのグループも成長を実感できる内容ばかり。
5年生からプレゼンテーションのやり方も教わっていたので、自分が担当したシートは責任を持って堂々と発表できました。

子どもたちからは、
「自分たちの成長を実感した」
「友だちの昔の様子を知ることができた」
「これまで育ててくれた家族や先生に感謝できた」

などの感想が上がり、有意義な体験となったようです。