ICTトピック未分類

臨時休業中の学びの提供をICT を使って

Pocket

新型コロナウィルス対策のために4/7から4/23までの予定で臨時休業になっていましたが、5/6まで延長になり、学びの提供をICTを 活用して学びの保証を、伊那市の小中学校各校考え始めています。

これまで伊那市では遠隔授業や授業の中で共有するのに、「zoom」や「school Takt」を使用してきました。

高遠中学校では、3月の臨時休校時にいち早く「school Takt」での健康観察を始めました。 そこから始めたのですが、生徒の健康を文字情報や画像などを添付する機能だけの「school Takt」ですが、リアルタイムの生徒の映像を 見て話したいりしたいとの話も出たことにより「zoom」でつなぐことを始めました。

この例を始め各校でICTを活用した学びの確保を行っています。本日は「手良小学校」の活用例を参考にしてzoom研究会を開催しています。 各校の事例を聞きながら、これからの学びのヒントになっていくと思います。