ビブリオバトルその2

前回、4年生のビブリオバトルのようすをお伝えしました。他の学年でもグループごとのミニビブリオバトルが行われていますので、その様子をお伝えします。今回の写真は1年生と3年生、5年生です。身を乗り出すように、お友だちの発表を聞いたり、本を見たりしている姿が印象的です。

先生による読み聞かせとビブリオバトル

9日の朝は、担任ではない職員が各学年の教室に行って読み聞かせをしました。校長先生や教頭先生、専科の先生、養護の先生、特別支援の先生が選んだ絵本を読みました。また、学年ごとにビブリオバトルも始まっています。この日は4年生がグループごとにそれまでに書いた紹介文をもとにミニビブリオバトルを行いました。グループごとのチャンプ本を選び、その中からさらにクラスのチャンプ本を選びます。選ばれた本は展示されます。さて、どの本になるのでしょうか。

なかよし班の読み聞かせ

富県小学校には、全校で12グループの1年生から6年生までいっしょにしたなかよし班があります。読書旬間の企画で、今朝はなかよし班ごとに集まり、6年生が読み聞かせをしてくれました。おにいさんやおねえさんが読んでくれるお話を楽しく聞くことができました。また、今日の給食は絵本の「ぐりとぐら」にちなんだメニューで、カステラがでました。6年生のみなさん、給食の先生方、ありがとうございました。

お話玉手箱

今日から読書旬間です。読み聞かせボランティアの皆さんから「お話玉手箱」のプレゼントがありました。「お花が笑った」の手袋シアターのあと絵本の読み聞かせをしていただきました。絵本は、1~3年生が「まどから・おくりもの」(五味太郎作・絵)、4~6年が「フレデリック」(レオ・レオニ作・谷川俊太郎訳)でした。黒いパネルを使った「金のガチョウ」のパネルシアターはとても幸せな気持ちになるお話でした。読み聞かせボランティアの皆さん、ありがとうございました。

図書委員による児童集会

12月7日(月)から18日(金)まで読書旬間になります。今朝は図書委員会による児童集会がテレビ会議システムを使って行われました。図書館のルールなどについて〇×クイズ形式で委員が画面を通じて紹介しました。旬間中には図書委員や先生方による読み聞かせやビブリオバトル、読み聞かせボランティアさんによる「お話玉手箱」、家庭読書、物語に出てくるメニュー献立などの企画があります。楽しみですね。

3年生 かぶの販売

3年生が畑で育ててきたかぶを保育園に子どもたちのお迎えに来るご家族に販売しました。大きさにしたがって、中と大に分け、それぞれ値段をつけました。「かぶをいかがですか」と注文を聞いたり、お聞きした注文の大きさと数をまちがえないように袋に入れたり、おつりをきちんと渡したり、とてもいい学習になりました。お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。あっという間に売り切れになってしまいました。