沿革

明治 7年 勧智学校、至誠学校が開校
明治 9年 勧智学校が野中学校に改称
明治 9年 至誠学校が八下学校に改称
明治17年 野中学校が東沢岡学校に改称
明治17年 八下学校が沢岡学校に改称
明治19年 沢岡学校に統合
明治22年 手良尋常小学校に改称
明治25年 上伊那高等小学校手良分教場に改組
明治31年 手良尋常小学校に改組
明治32年 学校林設置
明治34年 手良実業補修宇学校を設置
明治34年 手良実業補修宇学校が手良農工補修学校に改称
明治45年 校舎建設
昭和16年 手良国民学校に改称
昭和22年 手良小学校に改称
昭和36年 学校水道建設
昭和53年 校舎改築
昭和63年 体育館建設
平成 5年 手良全戸寄付による「手良活性化ふれあい太鼓」を各地で発表
平成12年 学校水道が伊那市水道に移管
平成24年 校舎耐震工事が行われる
平成29年 トンカチ教室が20周年を迎える
令和 1年 エアコン11台が設置される