観桜期活動説明会

2月27日に、特別委員会を中心に観桜期活動説明会が行われました。例年と同様に4月に学校の校庭を駐車場として開放し、おもてなしの心で観光客のみなさんに高遠の桜を楽しんでもらうための活動を行います。2年生は2回目、1年生は1回目となるため、特別委員会の委員長や各担当の責任者だった3年生から、この活動を始めたきっかけや、具体的な役割の説明がされました。

DSC_0055

感謝の会

今年度発足した「高遠中学校応援隊」(高遠中学校の信州型コミュニティスクール)の皆様には、1年生は国立信州高遠青少年自然の家でのキャンプや森林学習、2年生は保育実習や職場体験、3年生は高遠太鼓の練習など、いろいろな場面でたいへんお世話になりました。PDFにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

平成29年度高遠中学校応援隊の皆様にお力添えをいただいた取り組みのまとめ

去る、2月16日(金)、応援隊の皆さんに生徒が感謝の思いを伝える「感謝の会」があり、特にお世話になった生徒からお礼と感謝を伝えました。応援隊の皆さんからは、代表して、コーディネーターの伊藤邦弘様から、励ましの言葉をいただきました。

 

P1510340

 

 

数学出前授業

前回の高遠小学校に続いて、高遠北小学校6年生に中学の職員数学の出前授業に伺いました。

次のようなことをやりました。1と2に、好きな一桁の数字を入れます。上下を足した合計を下の欄に書きます。二桁の場合は一の位だけを書きます。そうすると、5のときは5、6のときは2、7のときは9、8のときは6というように17番目の数が決まってきます。さて、それはどうしてでしょう。

方程式とかxを使うやり方などは中学に来てからしっかり勉強すればいいので、小学校では九九や繰り上がり、繰り下がりのある足し算や引き算など基本的な計算を、できるだけ速く、正確にできるようにすることが大切です。

授業の表

1518646639063 (2)1518646609633 (2)

春の気配

国道152号線(旧道の杖突街道)から聖橋に向かう道から藤沢川にかけて、日当たりのよい斜面では、1月のうちから福寿草が花をつけ、2月半ばの最近では黄色の小さな花がたくさん咲いています。ここを通る時、ちょっと立ち止まって探してみて下さい。春はもうそこまで来ています。

1518595749371 (2)1518595778885 (2)

あんこと草もち

1月23日に、収穫した小豆で作ったあんこを使った草もち作りを3年生が行いました。

「食育」に力を入れている伊那市ですが、本校3年生は今年度、小豆の栽培に挑戦しました。高遠地域の名物「高遠饅頭」とからめて、何か地域に関連する栽培ができないかと考え、小豆を選びました。調べると、日本の小豆の自給率は60%弱で、その6割は北海道産のようです。そんな中、約8.5kgの貴重な高遠産100%の小豆の収穫ができ、その小豆であんこを作りました。地域の「あかはね」さんに協力していただき、草もちにして味わいました。あんこは家にも持ち帰りました。家族の方にも高遠産100%のあんこの味を楽しんでほしいと思います。

IMG_6727IMG_6732IMG_6736IMG_6739 IMG_6742 IMG_6743   IMG_6733

雪が積もりました

2月2日の朝、高遠中学校は25cmほどの雪が積もっていました。1日の午後から降り始めた雪は、徐々に細かくなりながら降り続け、一面を銀世界へと変えてくれました。

朝早くから、運動部の生徒を筆頭に、登校するとすぐに雪かきを手に取り、率先して働きました。生徒玄関前や通路となる場所、給食センターのトラックの前など自分で考え、行動しました。そのおかげで、8時にはほとんどの場所がきれいに雪かきを終えることができました。朝早くから雪かきをしてくれた皆さん、ありがとうございました。P1510328Tsukada1Tsukada2

中学校説明会

1月23日に、来年度入学してくる小学校6年生に向けて、中学校説明会が行われました。

1年前、緊張と期待と不安の中で先輩達から話を聞いた「中学校説明会」を、今回は自分たちが説明する立場として行いました。時間があまり確保できず、十分な準備は出来ませんでしたが、昨年のことを思い出しながら準備し、精一杯の説明を行うことができました。説明した内容は、<楽しい高遠中学校生活の日々~入学すると、こんな日々が待っている!~>と題して、【学校生活】【学習】【服装・身支度】【生徒会活動】【行事】【部活動】の6つについてです。

担当グループを決め、説明のためのフリップを手書きで作り、写真やスライドをおりまぜて、パワーポイントを使って説明しました。また、説明の形式も工夫して、〇×クイズや三択クイズ、実際のテスト問題などを盛り込んで、現6年生にも参加しながら分かってもらうようにしていました。中には、実際の様子を再現してみたり、実物を棒で指しながら実演してみたりと、新入生に分かりやすく興味を持って聞いてもらえるよう工夫したグループもありました。堂々とした態度で発表する姿には、先輩となる心意気が感じられました。

現6年生からは、クイズに参加したり、テスト問題に答えたりする姿も見られ、また、質問コーナーでは積極的な挙手の姿もありました。「中学校で不便なことは?」の質問に、中学生が「教室に水道がないこと」と答えるなど、学校生活の違いを実感しているからこそ出てくる本音のやり取りがあって、より身近に中学校や先輩を感じ取れたのではないかと思います。

おみやげに、発表で使用したスライドの画面を冊子にして渡しました。それらを見ながら、来年度の入学に期待し、不安や戸惑いが少しでも和らいで入学できることを願います。

今日、6時間目に、6年生が来て、中学校説明会を行いました。何回もリハーサルをしましたが、本番は1回。しかも今日だったので緊張しました。リハーサル通りいかなくて、ハプニングが起こったりセリフをかんでしまったりしたけど、最後までできて良かったです。新一年生が入ってくるのが楽しみです。 <2組女子>
今日は、新入生説明会がありました。あんまり緊張しなくて、私たちのグループはうまくいったと思います。授業では、みんないつもより騒いでいて、しゃべらずにはいられない感じでした。
6年生の人にわかってもらえるように説明するのは大変だったけれど、終わった後は達成感がありました。 今日、6時間目に、6年生が来て、中学校説明会を行いました。何回もリハーサルをしましたが、本番は1回。しかも今日だったので緊張しました。リハーサル通りいかなくて、ハプニングが起こったりセリフをかんでしまったりしたけど、最後までできて良かったです。新一年生が入ってくるのが楽しみです。 <2組女子>

21