「信州サーモン」給食でいただきました

11月13日(金)
この日の給食のメニューは信州サーモン香味揚げでした。

「信州サーモン」は、「海のない長野県でもお刺身で観光客をもてなしたい」という県内のホテルや旅館からの希望を叶えるため、長野県水産試験場が約10年かけて品種改良に成功し、生まれました。値段が高く、スーパーなどではあまり売っていない、貴重な食材です。

10月に提供された信州プレミアム牛肉同様、新型コロナウイルスの影響で、困っている生産者の方々を応援するために、学校給食で信州サーモンが無償で提供されることになりました。

この日の給食の時間、信州サーモンが提供された過程と1年7組が総合の学習で作った信州サーモンについてのプレゼン資料を校内テレビで放送していただきました。

この日も給食を通じて「食」や「社会」について考えることができました。