学校に活気が戻りました

25日(月)から、伊那市の小中学校の登校が再開されました。東部中学校でも生徒たちの明るい声が飛び交い、活気が戻ってきました。この日は1時間目の学活で、全校一斉放送をつかい、感染予防に配慮した今までとは少し違う新しい生活について確認がありました。
50分間の授業・給食・清掃・そして2,3年生は少しずつ部活動も始まりました。初日は疲れた人もいましたが、少しずつ学校生活や学習のペースを取り戻していきましょう。特に1年生は中学校生活そのものがスタートとなります。学校生活や生徒会、学級の友だちにも早く慣れるといいですね。


しばらくは講義型の授業です。しっかりと聞いている姿があります。


手洗いを励行する生徒たちです。


給食当番は給食室前で手の消毒を行います。


混雑を避けるために廊下で給食を配膳。


久しぶりの清掃。丁寧に床を磨いてくれました。