スカイプを活用した遠隔授業9月25日(月)

P925010025日(月)の3校時に、6年生がskipeを使った遠隔授業を行いました。2ヶ月ぶりの交流は、9月に行われたそれぞれの行事についての報告と、そのことに関する意見交換が主な内容でした。新山小からは、新山大運動会の様子について、感想を交えながらスライドを使って報告しました。その様子を見た手良小の子どもたちからは、「組体操を3年生もやっていてすごい」「スローガン決めを体育館でやっていて、全校の意見が聞ける集会を取り入れてみたい」「スローガンの、全力でやる、が伝わってきた」等の意見が出されました。また、組体操の学年技で先生方が入って演技をしている様子を見て、驚きの声も上がっていました。手良小からは、修学旅行の様子について伝えてもらいました。ただ様子を伝えるだけでなく、三択問題で考える場面を作ってくれたり、大相撲を見た経験を活かし、教室内特設の土俵で相撲の実演をしてくれたりと、とても楽しい報告でした。交流をするためには準備が必要ですが、「自分が経験したことをアウトプットする場」ととらえると、実はとても大切な場になるのだと思いました。