秋の自然に親しむ日 10月6日(金)

DSCN05346日(金)の午前中は「秋の自然に親しむ日」ということで全校が3地区に分かれてキノコを採りに地区内の山へ出かけました。それぞれの地区の方のナビゲートで、子どもたちもたくさんのキノコと採ることができました。学校に戻ってきてからは、キノコ学習です。キノコ博士の間澤さんに採れたきのこの説明をしていただきました。自分の採ったキノコの名前を覚え、誇らしげに自慢をしている子どももいました。その後は、お楽しみの昼食タイムです。採れたてのキノコを調理してもらい、持参したおにぎりと一緒においしいきのこ汁をいただきました。何杯もおかわりしている子どももいて、あっという間に完食となりました。自然に囲まれた新山ならではの素敵な行事です。

DSCN0546DSCN0523

平成29年度第2回児童総会 10月4日(水)

DSCN02804日(水)の5校時に第2回児童総会が行われました。今回の児童総会に向けては、後期役員選挙が再選挙になったこともあり、大変忙しい中での準備となりました。しかし、そんな中でも、前期の役員がサポートに回り議案書を仕上げていく姿は、前期の成長の証だと思いました。さて、総会自体ですが、内容盛りだくさんの中、前期児童会スローガン「ONE」をさらにパワーアップさせ後期スローガンは「ONE+LINK」に承認されました。子どもなりの理由がここには込められていると思います。いろいろあると思いますが、たった一人の6年生が、残りの半年で後輩たちに何を託すのか、これから(自分の卒業後)に「つなげて」いきたいことをつなごうとする一つのメッセージのようにも感じました。

秋の巡回映画 10月2日(月)

1DSCN021410月2日(月)に、秋の巡回映画を視聴しました。今回は、「ことばの暴力(人権児童劇)」と「源吉じいさんと子ぎつね」の2本に加えて、特別サービスとして「つるの恩返し」を上映していただきました。どの映画も、子どもたちの心に響く内容でした。「ことばの暴力」は、11月に人権月間を控えている本校にとっては、タイムリーな映画でした。「言葉の力」「言葉の使い方」について考えるきっかけになり、ここから学級での話し合いを通して、さらに自分の心に訴えかけるものにしていきます。

前期の反省を活かす児童会に 9月29日(金)

DSCN02079月29日(金)、後期児童会の1回目が行われました。役員選挙から1週間足らずで、準備も忙しかったと思います。それでも、各委員会、新三役を中心に3,4年生に対して丁寧に説明しながら関わる姿がありました。保健・美化委員会でも3,4年生一人に5年一人がつき、カード記入を行っていました。スタートを大切にしようとする姿が本当にうれしく思います。その日のさよなら玄関で、前期の役員が前に出てあいさつをしました。ホッとした様子と、どことなく誇らしげな様子を感じました。

DSCN0212

第3回CS運営委員会 9月26日(火)

P92601079月26日(火)、第3回CS運営委員会が開かれました。今回の主な協議題は、1学校行事おける課題、2学校運営に関わる課題についてでした。1については、運動会についてご意見をいただきました。

・リレーでのバトン渡しの位置が子どもによって違っていて、とてもいい配慮だった。
・(組体操については様々な報道がなされているが)組体操をやってくれてよかった。感動的であった。是非続けてほしい。
・普段から鍛えている様子が、本番につながっていた。集中する姿がよかった。教師の適切な支援のおかげ。
・ここ数年大人の参加する種目のダラダラ感があったが、今年は2種目前に集まることなどが徹底していたので気持ちのよい運動会だった。校長先生はじめ先生方と事前打合せできたのがよかった。
・昨年度の課題でもあった件も、区長会等と連携し見られなかったのではないか。

2については、7月の学校評価(子ども、保護者アンケート)の結果についての報告をさせていただきました。特に保護者アンケートについては、昨年度よりも全ての項目で向上が見られ、取り組みをさらに丁寧にしていくようにとのご意見をいただきました。

・見えているようで見えていないことがある。だからこそアンケート等で声を聞く(意見を出していただく)必要がある。続けていくことが大事である。
・児童アンケートでは下がっている数値もあるが、一喜一憂する必要はない。ただし、書かれている文章には丁寧に対応してほしい。