志を持て 勉強せよ 親切に

勉強せよ

 

考える授業、役に立つ授業、探究的な学習

 

  1. 生徒が課題を発見し、解決方法を見出し、追求する授業を目指します。
  2. 分かったことや疑問として残ったことを発言したり文章でまとめたり、発表したりする機会を確保します。
  3. ICT機器のもつ教育的効果を活用した授業を行い、調べる力・まとめる力・伝える力・記録する力を高めます。
  4. 探究学習「Inachu My Challenge」を通して、自己課題を設定し、自己課題を解決する活動を通して、自分自身の興味・関心に基づいた学習を進める力を養います。
  5. 学習する場を教室に、学習する時間を授業に限定せず、個々の特性に合わせた学習環境や方法の保障に心がけます。
  6. 学力に関わる各種検査の結果を分析して、教師の授業改善を図ることで生徒の学力向上に努めます

 

親切に

 

社会に出てから、生きてはたらく力をつける学校生活

 

  1. 一人ひとりの力が集結して活動を進める学級活動・生徒会活動・行事・目標に向かって切磋琢磨する部活動を目指します。
  2. 自分の将来に期待が持てる、地域資源を活用したキャリア教育を進めます。
  3. 学校や大人が決めた「枠」にとらわれない、生徒による学校生活の「枠」づくりの場を保障します。
  4. 「こころの学習(道徳-人権教育-健康教育-性教育)」を行い、自他の存在を尊重し、自己有用感育みます。
  5. 定期的な面談や学校生活アンケートを実施し、教師や家庭、外部機関との連携による、いじめの早期発見と解決に努めます。

 

志を持て

 

地域を愛する心 地域を創生する力 「ふるさと伊那谷学」

 

  1. 地域のことを、地域の人と、地域のやり方で学ぶ活動を、各教科や総合的な学習の時間、生徒会活動で展開します。
  2. 地域住民が学校運営や授業づくりに参画することで、多様な学びの環境づくりを進めます。
  3. 学校開放日、学校公開を設けたり、学校だよりや学校HPで広報したりすることで、本校の取り組みや生徒の様子を外部に発信し、寄せられる「声」を大事にしながら、学校-生徒-家庭-地域が連携して伊那中づくりを進めます。