• 7月22日(金)一学期終了 あれも、これもできました

    2022年7月22日

    今日で一学期が終了しました。全校児童全員出席で最終日を迎えられたことを本当に嬉しく思います。学校はもちろんですが、ご家庭でも感染症予防対策をキチンとしていただいているおかげで、毎日無事に登校し学校生活を送ることができていると思っています。終業式では、3年生と5年生の代表児童5名が一学期を振り返って作文発表がありました。初めての割り算ができるようになった。リコーダーが吹けるようになった。長谷探検でたくさんメモをした。掃除をていねいにやれた。音楽が好きになった。運動会の係活動を頑張った。臨海学習でたくさんの思い出ができた。水泳が楽しかった。算数がわからなかったけど、たくさん質問して自分一人で出来たときはうれしかった。あれも、これもたくさんできるようになったり、頑張ったりすることができたことがわかりました。子どもたち一人ひとりが4ヶ月分成長し、長谷小学校全体も一歩先に進むことができた一学期でした。明日から夏休みです。全員が健康、無事で元気に楽しんで過ごしてほしいと願っています。一学期の学校教育活動にご理解・ご協力いただきありがとうございました。

    写真左:エコキャップを寄付していただきました。いつもありがとうございます 中・右:雨続きで草も伸びる伸びる。観察用のヘチマも畑も手入れが大変です

  • 7月13日(水)土が燃える

    2022年7月13日

    窓の外から「ゴーゴー」聞こえる送風機の音。今日は朝から2年生の粘土の本焼きをしていました。「今、394℃なんだって」「火が見たい」「どうなってるの」と子どもたちが口々に思ったことを口にします。「これが1300℃近くになると、土が燃えていることになるんだよ。地球の中も同じように土が燃えているんだよ。それを見ることになるよ」と先生に教えてもらうと、また興奮して一騒ぎ。4時間目が始まる頃には「今、903℃になったって」と嬉しそうに何回もみんなで確認にきていました。焼き上がるまでワクワクして待っている気持ちは、大人になって粘土釜を見る度に思い出すはずです。身体全体で感じている学びの一つだと思いました。

    写真 左:音楽集会「ビリーブ」を全校で歌いました。「世界中の優しさで、この地球を包みたい」今の世界情勢を考えると、子どもたちの純粋な歌声で聞くこの歌詞が胸に響きました 右:久しぶりに火が入った粘土釜

  • 7月8日(金)どれがいい?

    2022年7月8日

    写真:参観日の様子 左上から 1年「国語大きなカブ」2年「図工釉薬をつける」3年「長谷探検隊」4年「ものの温まり方 金属」5年「臨海学習のまとめ」6年「臨海学習のまとめ」

    「あのさぁ、この中でだったらどれがいい?」「わたしは、これかな」「わたしは、これ。だってイケメンだもん。あとはおじさんだから・・・」廊下に掲示してあるポスターの中にいる人を指さしながら楽しそうに会話していたのは1年生の女の子たち。まさか「イケメン」という基準で会話しているとは思わなかったので、「イケメンがいいの?」と聞いてみると「だいじだよね」と返事がありました。今日は参観日です。お家の方が来る参観前で少し興奮気味だったのかもしれません。何を見ても一緒に楽しんでいる様子がかわいらしかったです。

  • 7月6日(水)小中合同読み聞かせ会

    2022年7月6日

    1時間目は小中合同読み聞かせ会でした。読書週間に合わせて、長谷中学生が全校で本の読み聞かせに来てくれたのです。本を読んでもらうだけではなく、クイズや手遊びもしました。小学1年生から中学3年生までの全員が同じ時間を共有し、グループ毎同じお話の世界を楽しみました。一緒に楽しむ姿がとても良かったです。これからも交流の機会を増やしていくように考えたいと思っています。

  • 6月23日(木)暑くなってきました

    2022年6月23日

    写真:長谷中学生から「長谷の太陽」になる唐辛子の苗をいただきました。

    22日(水)にプール開きを行いました。大都市では、民間のプールを使って授業をするところもありますが、敷地内にプールがありいつでも使用できるようになっていることはありがたいことです。自分たちできれいにしたプールを使って学べることにも意味があると思います。1・2年生は水に親しむところからスタートです。プールが使えることにも感謝して、短い期間ですがたくさん楽しんでほしいと思っています。

  • 6月22日(水)留守中はまかせて

    2022年6月22日

    5・6年生が臨海学習等でお休みの3日間、4年生は最高学年として活躍することになりました。学校全体を動かす「放送当番」、お昼の放送は最初の挨拶もそこそこに給食を食べ始め、時間に間に合うように放送室へ。他の委員会もちゃんと最高学年であることを自覚して活動ができました。実は、臨海学習中の6年生も「あ、今朝の放送の時間だ。ちゃんとやってるかな?」とか「当番活動もやること多いからな。時間通りにやっていればいいけど」等、バスの中で時刻を確認しては、学校のことを心配していました。離れていても気持ちは一つなんだなと思った出来事でした。 写真:防犯教室の様子。不審者からも必死で逃げています

  • 6月21日(火)行ってきました

    2022年6月21日

    16,17日は5・6年生合同臨海学習でした。2年ぶりの実施です。天候に恵まれ予定した全ての活動を行うことができました。礼儀正しい態度、気持ちの良い挨拶と返事、普段の学校生活と変わることはありませんでした。宿泊先のおかみさんに“讃歌長谷”を歌ってほしいとリクエストされ、歌声のプレゼントもしてきました。「こんなきれいな歌声を聴くことができて嬉しい。たくさん元気ももらいました」とほめていただきました。海を見るのが初めての子もいて、浜遊びではしっかり泳いでいました。友だちと行くから学べることも深く心に残ることもたくさんあります。身体全部で体験したことは、きっとこれからの財産となっていくことでしょう。

  • 6月15日(水)ニコニコでした

    2022年6月15日

    今年から始まった水曜日の「スマイルタイム」。初めてでしたが、どの会場もニコニコの笑顔でした。仲良し班毎の活動なので、異学年交流の時間にもなっています。トランプの「ババ抜き」しているグループでは、一枚引く毎に大騒ぎ。いつもと違うメンバーでやっているから、クラスでみせるのとは違う姿も見られました。子どもたちがこれからの内容も考えていくので、今後回数を重ねる毎にさらに仲良しになっていくと思います。

  • 6月8日(水)長谷っ子講座

    2022年6月8日

    長谷の子どもたちが地域の方に学ぶ「長谷っ子講座」が開講しました。昨年度は、計画しては中止の連続でしたが、本年度は最初からできてホッとしています。全部で5講座(マレットゴルフ、長谷の自然体験、囲碁・将棋、昔の遊び、福祉体験)あり、子どもたちは自分の好きな講座を受講します。同じことをしながら、地域の方とも語り合い、触れ合って、講座の内容だけではなく様々なことを楽しんで学ぶことができると思っています。 写真:それぞれの講座の様子 カバンもきちんと揃えておかれていました

  • 6月4日(土)スマイル運動会

    2022年6月4日

    かけっこの真剣な顔。玉入れの予想外な結末。綱引きの大逆転劇。接戦だったハリケーン。いい勝負の大玉転がし。子どもたちが考えたリレー。全身を使った低学年のダンス。ピシッと揃った高学年のフラッグパフォーマンス。結果は14対14の引き分けで、スローガン通りの「全力出し切り最後にスマイル運動会」、最後までニコニコ笑顔の運動会でした。保護者の皆様に準備や片付けもしていただきました。感謝です。みんなでつくりあげた素晴らしい運動会になりました。写真:児童会長さんのあいさつではじまりました 最後の種目「ざんざ節」は長谷に伝わる踊りです。参観していただいた皆さんにも一緒に踊っていただきました。ありがとうございました。