• 7月22日(金)一学期終了 あれも、これもできました

    2022年7月22日

    今日で一学期が終了しました。全校児童全員出席で最終日を迎えられたことを本当に嬉しく思います。学校はもちろんですが、ご家庭でも感染症予防対策をキチンとしていただいているおかげで、毎日無事に登校し学校生活を送ることができていると思っています。終業式では、3年生と5年生の代表児童5名が一学期を振り返って作文発表がありました。初めての割り算ができるようになった。リコーダーが吹けるようになった。長谷探検でたくさんメモをした。掃除をていねいにやれた。音楽が好きになった。運動会の係活動を頑張った。臨海学習でたくさんの思い出ができた。水泳が楽しかった。算数がわからなかったけど、たくさん質問して自分一人で出来たときはうれしかった。あれも、これもたくさんできるようになったり、頑張ったりすることができたことがわかりました。子どもたち一人ひとりが4ヶ月分成長し、長谷小学校全体も一歩先に進むことができた一学期でした。明日から夏休みです。全員が健康、無事で元気に楽しんで過ごしてほしいと願っています。一学期の学校教育活動にご理解・ご協力いただきありがとうございました。

    写真左:エコキャップを寄付していただきました。いつもありがとうございます 中・右:雨続きで草も伸びる伸びる。観察用のヘチマも畑も手入れが大変です

  • 7月21日(木)みんなでつくる学校

    2022年7月22日

    6・7月の月目標振り返り集会を行いました。三つの目標「赤白がスマイルになれる運動会にしよう」「ポケモンを使ってスマイル歯磨きを心がけよう」「いろんな種類の本を読もう」について、自分ができたと思うことを発表しました。運動会については、自分の出場種目を頑張ったこと、係活動がしっかりできたこと、最後は引き分けで笑顔になれたこと、歯磨きは、丁寧に磨いたこと、毎日出来たこと、読書については、毎日図書館に通ったこと、いつもよりたくさん本を読んだこと等の発言がありました。どれも健康週間や読書週間のように児童会活動と関わっている目標だったので、委員会としても頑張れたことが確認できたと思うし、何よりも真っ直ぐに手をあげて進んで発言しようとしている子どもが多かったことが良かったです。それは、自分たちで考えた目標を自分たちで守って良い学校にしていこうという気持ちの表れだと思うからです。二学期も「みんなでつくる学校」にしていきたいと思います。

  • 7月20日(水)たくさん気づきます

    2022年7月20日

    「すべすべしてる」「表はザラザラ」「トゲトゲがある」「5つある」「赤とちがうの?」「ハチが来てる」「すぐ動いちゃうね」「カタツムリがいたー」3年生が理科で育てているホウセンカの観察をしていました。見て気がついたこと、触って感じたこと、そこに今起きている出来事をそれぞれが口にし、みんなと共有していました。教室にいて教科書で学ぶのも大事な学習ですが、実際にそこにあるものと出会い五感を通して学ぶからたくさんの気づきがあるのだと思いました。小さいうちに出来るだけこうした学びが多く体験できるといいなと考えています。家庭科室では、6年生がミシンを使って「小物づくり」をしていました。一人の男の子が「ティッシュペーパーBOXカバー」を上手に作っていて見せてくれました。買うのではなく、必要なものは自分で作ることができて楽しいことがわかれば、自分の生活も豊かになると思います。今日は水泳参観もありました。ご来校いただきありがとうございました。

  • 7月19日(火)それぞれのやり方で

    2022年7月19日

    一学期最後の授業参観日で、5年生は「臨海学習で学んだこと」についてiPadを使用したプレゼンテーションを行いました。次々を変わるスライドや見栄えをよくするための図形や効果アニメーションまで、全て児童が自分の力で作成しました。作り方が分からなければ、自分たちで調べて作ったようです。スライドが切り替わるタイミングも自分で調整して発表できました。分かっていることを全て教えてしまうと、作り方が似てきて面白くないし、見ている人にも同じようなものが続くと刺激がなくなります。発表を自己表現の一つとして考えるとすれば、それぞれそのスタイルに個性があるのが自然です。自分の獲得した方法で、自分の表現したいように発表することを大切にした5年生の活動でした。 写真:1年生絵日記「水泳をしているところ」絵日記を書く練習をしています。小学校のプールにも慣れたようです

  • 7月14日(木)手にできるもの

    2022年7月14日

    「わーっ」と歓声が聞こえてきました。粘土作品の窯出しです。昨日、地球の中(1260℃になった土)と同じ温度まで焼かれた自分の作品が、出てくるのを見て思わず出たのでしょう。自分の作品を手にし、釉薬でツルツルしているところや底のゴツゴツしていることろ、絵づけしたところを指でなぞったり、重さや冷えている作品の温度を感じたりしていました。「ほんものだ」と作品を手につぶやいた子がいました。自分で作った自分だけの作品が、家にある商品として買ってきていつも使っているものと同じように使えるものになったことを実感したのだと思います。それぞれ感じたことや学んだことは違うかもしれませんが、手にして実感できるものは説得力があるなと思いました。